身分に関する証明書:韓国籍の方の場合

ここでは韓国籍の方が帰化申請する際に必要な書類のうち、「身分に関する証明書」について記載しております。帰化に必要な書類全般に関しては、帰化申請の必要書類のページをご確認下さい。

外国語で記載された文書は、全て日本語訳が必要です。

2008年1月1日より韓国では戸籍制度が廃止され、新たに家族関係登録簿制度となったことで、身分を証明する書類が旧制度より複雑になりました。

韓国籍の方が日本に帰化する場合、国籍・身分を証明する以下の書類を必要に応じて取り寄せ、帰化申請時に添付書類として日本語訳を付けて、法務局へ提出します。

  1. 基本証明書
    本人の出生、改名、死亡などの事項を確認することができます
  2. 家族関係証明書
    本人の父母、配偶者、子に関する事項を確認することができます。
  3. 婚姻関係証明書
    本人の婚姻履歴を確認することができます。
  4. 入養関係証明書
    本人の入養履歴を確認することができます。
  5. 親養子入養関係証明書
    本人の親養子入養履歴を確認することができます
  6. 韓国の旧戸籍謄本=除籍謄本
    旧制度での戸籍謄本が「除籍謄本」となりました。この除籍謄本で、2008年1月1日より前の1~5の内容を確認することができます。1~5ではわからない、正しく記載されていない等の場合に必要となります。

これらの書類は、韓国国内の役所または在日韓国大使館・領事館にて取り寄せます。どの書類がどれだけ必要になるかは申請人ご本人の家族構成や出生、婚姻歴等により様々です。

※平成23年1月より、養子の事実がない場合にも、「入養関係証明書」と「親養子入養関係証明書」の提出を求められるようになりました。

【1】韓国の旧戸籍謄本が見つからないときは

韓国国内の役所へ封書にて郵送で問い合わせます。見つからない場合は、役所から回答書が届きますので、その回答書を「戸籍がないことの証明」として法務局へ提出することになります。

回答書が入っていた封筒や同封されていた書類も提出することがありますので、大切に保管しておいて下さい。

【2】その他

作成中

eyecatch 面談相談は初回無料
eyecatch2 お問い合わせページへ